びぼうぶろぐ。

基本的に自分の備忘録のためですが、同時にどなたかのお役に立てればと思いながら書いています。

フィギュア国別対抗が面白かった件

フィギュア国別対抗が面白かった件

先週末にあったフィギュアの国別対抗戦。
世界選手権も終わったし、実はあんまり見る気は無かったのだが
テレ朝の番宣に釣られて見てしまった(笑)
(松岡修造さんの実況と織田信成くんの解説、けっこう好きなのよね)
でも予想以上に楽しく見させていただきました。

フィギュアはオリンピックでも団体戦ができたけど、
私はフィギュアの団体戦って今までイマイチピンと来なくて
個人戦の調整?とすら思ってたんですが(スミマセン)
今回見ていてチームもいいなと思いました

チーム日本の雰囲気、良かったですね~
普段はキス&クライで選手は真面目に?点を待っているけど、
今回はみんなでワイワイ、温かくて明るい。
演技終わった選手をハグしたり、みんなでやってる感がいいなぁと思いました。
特に応援番長?(笑)坂本さんおもろい。
昌磨くんの演技後の「後は任せろ!」の文字には笑いました(笑)

さてそんな今回の大会ですが
個人的に一番印象に残ったのはなんといっても男子シングルフリーの昌磨くん。
彼の挑戦にはこちらが元気付けられました

練習のときからしきりに実況の松岡修造さんが
3回転アクセル+4回転トゥループの話をしていたんですが、
曲とか構成とかそこまで詳しく覚えてないので、
どこに入れるんかなぁというイメージがいまいちつかなくて。

イメージできたのは、実際曲が流れてから。
後半の激しいピアノが始まる直前の、
一瞬静寂が訪れる瞬間(いつも単独の3回転アクセル入れるところ)
曲も鳴らないから注目も集まるし、一番緊張するところですよね。

そもそも、連続ジャンプの2番目に4回転持ってく、てのがあり得ないというか、
実況の方によれば
プルシェンコさんも入れようとしてできなかった技」
解説の織田くんによれば
「2回目に4回転ということは、ほとんど助走なしで高速回転を入れないといけないのでタイミングが非常に難しい」
という技。

しかもこれをやったあとに、
3回転アクセルからの3連続ジャンプがある!
これらをすべてしんどい後半に入れる、というのがかなり攻めてるなぁ、と…

結果的には3回転+4回転は後半ナナメってしまって派手に転倒、でしたけど、
そのあとのちくしょう!という表情しながら果敢に3回転アクセルから3連続しようとする、その気迫が凄かった。
それでも足がついていかなくて、3回転アクセル連続にはできなかったけど、
そのあとに最後のジャンプでなんとか連続入れるところに、なんというか、執念を感じました。

ただそのおかげで後半のステップが削られちゃったのが残念ではあったんですが、
(そのせいか、レベルも4ではなく1だったような)
そこまでして自分に挑戦していく、
そこに「この大会は来年へのスタート」という気持ちが見えました。

演技直後の、舌出して悔しそうにしている表情も良かったなぁ。
獲物を狙う目、というか、前向きなものを感じて、来年が楽しみだなぁと思いました
(ご本人は、「ハイライトで僕の顔がドアップになってたんで、とても恥ずかしかった」と言っていましたが(笑))

ちなみに彼、ショートは去年のプログラム、ビバルディの「冬」で
私は今年のプログラム「天国への階段」が好きだったんで
あーもう見られないのかぁ、と若干残念だったんですけど
エキシビションでやってくださったので嬉しかったです。

そこでも冒頭、果敢に3回転アクセル+4回転トゥループ
攻めてるねぇ~。
フリーのときよりきれいで、でもうちょいのところで転倒で、惜しい!と思いました。

それにしてもこのプログラム、やっぱり見入ってしまう。
フリーもなんだけど、彼の演技は音との真剣勝負、という感じで引き付けられる。

エキシビションといえば、
チーム日本のエキシビションのあと、
解説の織田くんが
「宇野選手が楽しそうなのが印象的でしたね、
いつもならもっとシャイかなーと思っていたんですけど」
と言っていたんですが、

なんか前は不思議ちゃんな雰囲気な彼でしたけど
このシーズンで変わったなぁ、と改めて感じました
なんだろう、社交的になったというのもなんか違うんだけど
自分の為だけ、じゃなくみんなともつながってる、
そういうところが出てきたのかなぁ、と何となく思う。

そのせいなのかなぁ、キレイだな、だけじゃなくて、
最近は毎回見ていてもドラマチックというか、
こちらが心を動かされるものがあるなぁ、と感じます。
来シーズンは他の4回転も入れたいそうなので、ぜひぜひ頑張っていただきたい。

刑事くんも今回良かったねぇ。
いつもあんまり彼の演技は見られないのだけど、
ショートの4回転といい、
フリーの最後のステップといい、男気を感じた。
「昌磨も頑張ってるから」と話しておられたし、
チームの後押しが効いてるんかなぁと感じました。

ネイサンさんは相変わらず、というか、既に貫禄すら感じますね…
彼は半月前の世界選手権で日本に来て、
そのあとまたアメリカに帰って大学の授業に出て
そのあとまた日本に来て、到着したのは前日、
という強行日程だったそうで、
聞いてびっくりでした。
アメリカと日本って時差ボケ大きいよね?
そのせいか構成の難易度は下げていたけど、
それでも完璧にこなして優勝、というのはさすが、
今季は彼のシーズンだなと感じました。

そう言えば解説の織田くんがフリーのときだったか、
ネイサンさんのジャンプについて
「普通の人はジャンプのときに両手を重ねて体につける人が多いんですけど、
 彼は両腕を上下にして体に巻き付けている。
 それで体が締まって速い回転が保たれる」
 とかいう技術的な解説をしてくださっていて、へぇ~と思いました
現役でしていた方ならではの解説ですね。
その辺の体の使い方は、
小さいときから習っていたバレエや体操などの賜物のようで
アップテンポな動きができるのも、
体の筋肉や間接を自在に使えるから、なのだそうだ。

女子はトゥクタミシェワさんが妖艶すぎる(笑)
ロシア人ってもっとクールなイメージなんだけど、この方はセクシー、なんか違う…
それから、彼女はどのジャンプも軽やかにひゅっと跳ぶ感じで、
トリプルアクセルも、跳ぶぞ!という力みが無くて、そこがすごいなと思いました。
テネルさんのロミジュリも迫力ありましたね…

日本女子は固かったかなぁ?
地元開催だし団体の最後、という緊張もあったのかなと思います。
紀平さんはなんか体重そうだなぁと思っていたが
報道によると、ショートで体のピークが来てしまって
翌日は体が動かなかった、という話でした
中1日空けて2日あると、
両方にピーク合わせるのって難しいんだなぁと思った。

でも彼女今年がシニア1年目だし、
今は色々学ぶ時期なんだろなぁ、
みんなあんま騒がんで見守って欲しいなぁ、
と思いながら今季見てました(ほぼ近所のおばちゃん感覚(笑))
「課題が残ったまま次に行ける方がいいと前向きに考えます」
という言葉が頼もしい。

坂本さんはご本人もおっしゃっていたけど、
3本目のルッツ?は飛ぶ前からなんか動きが変で、
素人の私も「これはヤバい」と思ったくらいです(笑)
(「普段ならこけてた」そうです)
でも持ちこたえたのがすごいし、
後半は伸び伸びした感じが戻ってきてホッとしました。

あとは、なんと言っても団体エキシビション面白かったです。
私はテレビつけたとき、ちょうど日本チームの団体演技やるところで、
平成メドレーというのと一曲目は昌磨くんのセレクトだ、というのしか知らなくて、
何だろなと思ってたけど、
一曲目は去年のヒット曲「lemon」。
個人的な話でなんなんですが、
この曲、去年の夏やたらホームセンターで耳にしてて、
あの焼けるほど暑かった夏とセットで記憶に染み込んでる曲なんで、ほー、と思いました
(でも恥ずかしながら年末レコ大くらいまで誰の曲か知らなくて、EXILE系?とか思ってた(笑))

次の「Innocent World」には個人的には感激。
ミスチルキター!嬉しい~懐かしい~。
Can You Celebrate?」も、あー安室ちゃんかぁ、とこれも懐かしい。

しかし次の「だんご三兄弟」には、そこ行く?、と。(笑)
あたしにとっちゃ懐かしいが、
若い方々、若干照れの入ったタンゴが面白かったです(笑)

最後は順当に「世界に一つだけの花
フィナーレはほんとにみんな楽しそうで、見ていてこっちがほのぼのしました。

後日、前半に番組でやっていた曲選びの様子も録画で見たんだけど、
一応今年のヒット曲とか、出演者の生まれ年のヒット曲から選んでたのね。
「lemon」は今年のヒット曲からで、
昌磨くんがみんなの意見を聞きもせずに
「もう「lemon」で決まりなんで、次行ってください」(笑)
この歌はいつも関大のリンクに流れていて、
彼がヘッドホン着けてるときは、たいがいこの曲が流れているんだそうな。

だんご三兄弟」は
「これ中途半端にやるとめっちゃ恥ずかしいやつ(笑)」とか
「タンゴなんか踊れる?」(笑)
とか皆さんわりと否定的な意見だったのだが
逆にあえてそっちに振れてみたんですかね(笑)
選ぶ様子も和やかでした(笑)

ちなみに前回の「PPAP」見たいなぁ、後で動画探そうかなと思ってたら
テレ朝の編集で全部ではないが流してくれていたので嬉しかったです。
ダンシングなカバー曲なので、
想像以上にカッコよく仕上がってました。ピコ太郎の面影何も無いわ(笑)
(あるとすれば豹柄のショールだけ?)

このときのメンバーは昌磨くん、羽生くん、樋口さん、三原さんだったのですが
(すんませんがさすがにペアとアイスダンスの方は分からない)
アイスダンスの方はさすがにリズム感抜群で上手なのだが、
シングル選手では羽生くんがずば抜けてノリノリで、かっこよすぎる。
あそこまでいくと、もはや違う作品(笑)
昌磨くんは照れがありましたかね(笑)

それから、今回はチームUSAの「U.S.A.」(DA PUMP)もなかなか洒落れてるなと思いました
氷上で「いいね!」ダンス、どーすんの?と思ってたけど、無理矢理やってたね(笑)
フィナーレにみんな寝転び出して、
一体何が起きるんかと思ったらまさかの人文字、てのも笑えました(笑)

個人のエキシビションも良かったですね。
女子二人は新しいプログラム、
来年に使うかは分からんけど、
坂本さんはくノ一、紀平さんはキュートなダンス、今までとは方向性がまた違う。
まだ二人とも若いので、色んな面がありそうで楽しみに思えました。

個人エキシビションといえば、
テレ朝さん、2015年の国別対抗での羽生くんの演技も流してくれていたのも良かった~
(部分的にですけどね)
彼は前年プログラム「パリの散歩道」を、
4回転ジャンプも組み入れて、ほぼノーミスで滑りきっていました。
ソチオリンピックの時もほぼ完璧だったけど、
このときはソチのときを超えていて、
エキシビションというよりも競技会さながらの演技。
(当時の解説の荒川静香さんも「今季のどのショートより素晴らしいかもしれない」と話していた)

羽生くんはこのときを振り返って
「あの暗い照明の中でノーミスで滑りきれたのは、自分の中に深く根付いている」
と話していたのですけど、

昌磨くんは当時それを見ていたかどうか知らないが、
同じように彼は今回、ショートをあえて本気でエキシビションに持ってきていて、
これも自分越えするための挑戦、だったのかなぁと思いました。

最後にいい結果で終わった方、
次の課題が見つかった方、
色々でしたけど、
みんな前向きに笑顔で終わってたのが良かったです。
挑戦する人たちって、こちらも勇気づけられますね。
私も春だし、色々がんばろうと思いました。

というわけで今回はこの辺で。